よくある質問とその答え(FAQ)

おそらく気になるであろう質問にお答えします。質問の内容とその回答は逐次追加・更新します。

プロキュアテック全般について

本当に仕様書の自動作成ができるのですか?

自治体のIT調達に係る仕様書はほぼカバーできます。

誤解されるといけないので、きちんと補足すると、コンサルタントが関与することが前提のサービスです。調達に至る背景や調達の目的などは自動作成することは難しいため、このあたりは丁寧なヒアリングが必要です。

ただ、多くの場合は予算要求を検討する段階で「なぜその調達なのか」の説明を求められているはずですので、それらを初期条件として入力します。

「推論型AI」というのはなんですか?

AI研究のアプローチの中では比較的古い分野の方式です。

ここ最近話題になっているAI(人工知能)は、数理モデルから派生した機械学習やディープラーニング等の技術を用いるものです。一方、推論型AIというのは、いわゆる論理の積み重ねで一定の結論を導出する方式のAIです。

わかりやすい例えで言えば「IF-THENルール」のような条件分岐の組み合わせもそれが多層で機能することでAIのような振る舞いをさせることができます。プロキュアテックはもう少し異なる手法が加わるのですが、ざっくり言えばそのようなものだと考えてください。現段階では当社の技術も発展途上であり、継続的な改良に取り組んでいます。

なぜこのようなサービスを始めたのですか?

自治体の情報政策部門の危機に対応するためです。

多くの自治体は情報技術の専門性を持つ職員がいません。たまたま異動で配属され、たまたま適性があって長期間在籍している職員もいますが、同じ人間が長期間在籍すること自体も問題です。

理想を言えば、全ての職員に情報技術と契約事務と行政領域の専門性を兼ね備えていただき、人事ローテーションの中で誰が配属されても情報政策部門を機能させるべきなのですが、自治体業務の多様化や人口減少に伴う定数削減のために、そこまで手がまわらないのが現状でしょう。

定数削減に対応するためには、ITを活用した業務効率化が不可欠です。自治体では情報システムを内製化することは稀なので、必然的に委託契約等の調達行為が発生します。しかしながら、ここがうまく機能しないために、機能的に不十分なシステムを導入せざるを得なかったり、適性なコストで調達できなかったり、場合によっては調達そのものが成立しなかったりと、自治体運営にブレーキを掛けるような事情が多々生じています。

そこでまずIT調達のハードルを下げることで、自治体の情報政策部門の機能を改善させることが急務だと考え、このようなサービスを始めた次第です。

お試しサービスについて

なんだか思っていたのとは違う仕様書が生成されたのですが?

まずは汎用的な仕様書を生成するようにしています。

その後、調達案件特有の事項を無理なく取り込むことで、目的の仕様書を作成する構成にしています。
調達案件ごとに仕様書は異なるものですが、細かな差異に気を取られて作業が進まないという現象を多く見てきました。自治体の職員はゼロから何かを生み出すよりも、既存の情報を参考にして一定の結論を導く「帰納的」な取り組みを得意としています。
その意味で、議論のたたき台となる仕様書(素案)を早期に生成する仕組みは有用と考えます。

セキュリティポリシーのうち、実施手順の自動生成は行わないのですか?

もう少し頑張ってみます。

実施手順は組織ごと、システムごとに作成する必要があります。

このあたりは当社のコンサルティングの範囲(有償)とさせてもらえると、もっとよい仕事ができるかと思っています。

今後の機能拡張の予定は?

自治体の情報化投資に関わる文書は全て作成できるようにしていきます。

例えば、総合評価方式やプロポーザルにおける評価基準書、RFIや入札公告の書面、審査委員会の席次表やタイムスケジュールなど、事業者との契約後に実施するプロジェクト計画書など、あらゆる文書を作成できるようにしていく予定です。

当社のコンサルティングの過程ですでにこれらの文書は作成できるのですが、これらをどの自治体でも一定のクオリティで作成できるようにすることが当社のゴールです。

お試しサービスについて意見や要望があるのですが。

ご意見やご要望を受け付けています。

プロキュアテックはこれまでに無かったサービスですし、当社が考える人間とAIの協業スタイルのひとつとして発展させていきたいと考えています。

実際に利用した上でのご意見、ご要望はどんどんお知らせください。

お試しサービスに関するご意見・ご要望はこちら